2011年2月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:19 Feb 16 2011

専門家:GNPでは中国が日本より遅れている (2)

 中国は多くの国際的責任を負うべきという意見は「理にかなっていない」

 GNPで日本に及ばないことは明らかとなった。しかしながら、そのほかにも、中国経済の発展モデルがやや粗放的であることや、経済構造にも依然として問題が存在していることなど、中国の抱える問題はまだ多い。単位GDP当たりのエネルギー、水資源消費量は比較的多く、経済の質もさらに向上させなければならない。これに対し、高輝清主任は「中国がGDPで日本を抜いて世界2位になったことに対し祝福はできるが、喜ぶことはできない」と述べた。

 高輝清主任は次のように述べた。「データ上では、中国は世界2位となった。しかし、実際、中国はまだ発展途上の段階にあり、先進国とはまだ大きな差がある。したがって、中国に対し、世界2位の経済大国として、国際的な責任を負うべきだという考えはあまりにも極端である」

 高輝清主任は「GDPで世界2位になったとはいえ、中国は経済改革をさらに進めていかなければならない。次に私たちのすべきことは、経済発展の質を高め、人々の生活に恩恵を与えることである」と述べた。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年2月16日

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古