2011年2月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:07 Feb 16 2011

中国、2カ月連続で米国債売却 筆頭債権者は日本?

 米国の財務省が15日発表した報告によると、中国は2010年11月と12月の2カ月連続で保有する米国債を売却し、保有額がふたたび9千億ドルの大台を割り込んだ。中国はなお世界最大の米国債保有国ではあるが、保有額2位の日本との差が80億ドルに縮まり、中国の1位は日本に脅かされつつあるという。中国新聞網が伝えた。

 同省の報告によると、昨年12月に中国は米国債40億ドルを売却し、保有額は8916億ドルに低下した。11月にも112億ドルを売却している。10月の保有額は9068億ドルに上り、昨年で最も多かっただけでなく、昨年4月以来二度目の9千億ドルの大台突破となった。

 現在も日本は世界2位の米国債保有国であり、保有額は昨年11月の8772億ドルから、現在は過去最高の8836億ドルに増えている。3位の英国も11月に295億ドルを買い増し、保有額は5413億ドルに達した。

 2010年全体をみると、中国の米国債保有額は増減を繰り返したが、年末と年初とを比べるとわずか26億ドルの増加しかない。12月の保有額は前年同月比32億ドルの減少だった。また昨年は2位の日本と3位の英国が米国債を大幅に買い増し、特に日本は通年で1184億ドルを買い増して、中国との差が年初の1238億ドルから年末は80億ドルに縮小した。

 米国債の買い増しや売却をめぐり、中国側は米国債の保有は市場投資行為の一つであり、政治的な文脈で解釈する必要はないとたびたび強調してきた。中国が外貨準備をここぞというときの「武器」にするのではないかとの懸念は、まったく不必要なものだという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年2月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古