2011年2月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:17 Feb 18 2011

収賄事件の郭京毅被告、商務部から正式に解雇

 2003年の商務部発足以来最大の汚職事件の当事者、郭京毅被告が商務部から正式に解雇された。

 商務部人事司は17日、2010年商務部解雇者のリストを発表した。それによると、郭京毅のほか、収賄により懲役10年半の判決を受けた元商?部条約法律司貿易法律処副処長の栄民も解雇された。京華時報が伝えた。

 元中国商務部条約法律司巡視員の郭京毅は、中国の外商投資審査批准分野の正庁級幹部としては初の解雇者となった。郭京毅の事件は、▽事件の裏にある種の利益共同体が存在した▽複数の部門・官僚に飛び火した--などの特徴があり、反腐敗・清廉提唱法制教育に向けた典型的な事件となった。

 郭京毅は世界の商業法・貿易法に精通し、外国語も堪能、ビジネス交渉も得意だった。昨年5月、商務部が行った「2010年北京反腐敗・清廉提唱法制教育巡回展」において、商務部の陳徳銘部長は郭京毅について「彼のビジネス交渉は上手だった。米国人との交渉では、相手が恐れをなすほどだった」と述べ、遺憾の意を示した。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年2月18日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古