2011年2月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:43 Feb 22 2011

中国の労働者不足に世界各国が注目

 世界一の人口大国である中国では、「人間ならいくらでもいる」という状況が当たり前だった。しかしこの状況に現在、変化が訪れている。韓国「中央日報」紙は15日、中国各地で起こっている労働者不足について報道し、「13億人の人口を抱える中国で今、人材の争奪戦争が起こっている」と報道した。中国のこのような変化は、中国の安価な「ローエンド労働力」に慣れた世界各地に様々な心配をもたらした。同じく労働者不足に悩む東南アジアでは、「中国企業が東南アジアで労働者を募集している」との報道がなされた。日本の前原誠司外相は16日、ローエンド労働力の雇用面で中国に負けないよう、日本は移民受け入れを緩和するべきだとの見方を示している。

 世界各国は長期にわたり、「ハイエンド人材」を引き入れようと努力してきたが、「ローエンド労働力」の不足は重視されてこなかった。しかし実際のところ、ポスト工業化時代の西側先進国と、産業のアップグレード段階にある新興国にとって、ローエンド労働力は非常に重要なのだ。環球時報が伝えた。

 ▽世界中が中国の労働者不足に注目

 労働者不足は数年前から続く問題で、今に始まったことではない。しかしこの現象が今年、中国大陸部に蔓延したことで、多くの人が不安を感じている。

 NHKは、「中国が豊富なローエンド労働力を有した時代はすでに過去のものとなった。中国にある多くの日系企業は、中国の若い労働力をなかなか雇用できず苦労している」と伝えた。

 三洋電機(中国)有限公司も、春節の長期休暇前には実家への特別送迎車を提供し、予定通りに工場に戻った職員は抽選に参加できるなど、若い職員を引き止めるために様々な工夫を凝らしている。抽選イベントの宣伝文句は「工場は皆さんの帰りを待っています」だ。

 NHKは報道の中で、「中国人労働者の要求は高まりつつある。三洋の中国法人も日本と同じくロボットによるオートメーション化を考える時期が来ているのかもしれない」の見方を示している。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古