2011年2月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:07 Feb 23 2011

英で、「中国GDPの米国抜き」がカジノ商品に

 英紙『フィナンシャル・タイムズ』は15日、イギリスの大手ブックメーカー、ラドブロークス社が14日、「中国がアメリカを越えて世界一となるのはいつか?」をテーマにカジノ商品を発売したと報じた。

 「中国が2020年までにアメリカを越える」に賭けた場合のオッズは6:4(1.5倍)だという。『フィナンシャル・タイムズ』は「10ポンドをかけて、それが本当に実現すれば、自分の賭けた10ポンドが返ってくるだけでなく、なんと15ポンドものお金が手に入るのだ」と紹介した。

 ラドブロークス社の広報担当は15日、『環球時報』の取材に対し、「今回の賭けは中国のGDPが日本を抜いて世界2位になったことと関係がある」と明らかにした。また、広報担当の話によると、オッズの決定には、経済学専攻出身者や、かつてロンドンの金融街・シティで働いていたメンバーが参加したという。

 中国の2010年のGDPはおよそ5兆9000億ドルに達したが、アメリカは14兆6000億ドルで、両国の間にはまだまだ差がある。しかし、『フィナンシャル・タイムズ』は、「ラドブロークス社の定義では、両国の差は人々の持つ印象よりも小さい。なぜなら、ラドブロークス社は購買力平価説(PPP)を評価基準として採用しているからだ」と報じた。PPPを採用する米エコノミストは昨年、「2010年の中国の経済規模は14兆8000億ドルで、14兆6000億ドルの米国をすでに追い越した」と発表している。

 しかし、この結果に対して異議を唱えるエコノミストも多い。国際通貨基金のデータによると、PPPを基準とした2010年の中国のGDPは10兆1000億ドルだという。

 『フィナンシャル・タイムズ』によると、ラドブロークス社は「中国の経済規模は2020年までに25兆ドルに達し、世界一になる」と予想している。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年2月23日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古