2011年2月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:08 Feb 23 2011

中国経済の高度成長は日本と同じではない

 日本政府が先週発表したGDPデータにより、中国が日本を抜き、世界第二の経済体となったことが確定した。香港「亜洲金融」誌がこれについて読者調査を行った結果、多くの読者が「中国経済の高度成長は1960-70年代の日本経済成長と同じではない。中国経済は多くの面で日本よりも優れている」と答えた。中国経済網が伝えた。

 「亜洲金融」誌は文章の中で、「日本経済はバブル崩壊前までは非常に優秀な高度成長を遂げていた。日本は1968年にフランスを抜いて世界第二の経済体になり、それから43年間この地位を守ってきた。このため、中国経済の奇跡的成長がすでに日本を上回ったと断定するのはまだ早い」としている。

 同誌はまた、「中国は経済高度成長を果たす一方で、高い貯蓄率、不動産価格の高騰、巨額の対米貿易黒字など、当時の日本も直面した問題にぶつかっている。しかも、日本円も当時、切り上げの圧力に直面していた。日本が中国と異なる点は、日本は最終的に米国や西側諸国の圧力に負け、日本円を大幅に切り上げたことだ。中国は外部の圧力に屈せず、人民元を大幅に切り上げていない」と指摘した。

 「亜洲金融」の読者調査では、多くの読者が中国の経済発展の見通しについて楽観的な見方を持っていることがわかった。彼らは「中国の膨大な人口は、想像を超える経済高度成長をもたらすだろう」の見方を示しており、80%の読者が「中国経済の高度成長は最終的には日本を抜くだろう。バブル崩壊で終わった日本経済の高度成長とは異なり、中国経済の高度成長は円満な終局を迎えるだろう」との見方を示している。

 本部を香港に置く「亜洲金融」誌は、アジアの主要な経済雑誌の1つで、地域内の資本市場及び銀行業などに関する詳細な見解や分析を提供している。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年2月23日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古