2011年2月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:16 Feb 25 2011

中国企業の海外買収 不成功率は世界一

 過去2年間に、中国企業が海外で進めた買収劇の不成功率が世界最高となった。ある知的財産権の専門家によると、西側諸国が今後、国の安全のためとして貿易保護の措置を取るケースが一層増加するとみられる。これに対し、中国は立法と法執行を強化するとともに、できるだけ早く法律の上で多国籍企業の超国民待遇を撤廃することが必要だという。

 ▽米国は中国企業に対し三重の防衛ラインを設置

 (1)反ダンピングと反補助金

 米国は主に米国市場に輸出される中国企業のローエンド一般製品に対し、「不正競争防止法」や反ダンピング、反補助金といった方法を通じて圧力を加えている。南東部沿海地域の多くの企業が対象になった。

 (2)知的財産権を手段として利用

 米国のスーパー301条や関税法337条などがこれだ。ここ数年来、米国は337条の適用範囲を拡大し、疑いがもたれたり、米国企業が訴えたりさえすれば、税関が337条を発動して中国製品を税関に留め置き、中国製品の米国市場への進出を制止し、中国企業を封殺することを可能にした。

 華為技術有限公司がこのほど、米モトローラの権利侵害を訴えて起こした裁判の一審で勝訴し、業界を勇気づけた。だがここ数年、華為を代表とする中国企業の海外進出がたびたび阻まれ、とりわけハイテク分野やエネルギー分野での買収案件で、中国企業のほとんどが失敗し、中国国民を困惑させているという事実は覆い隠せない。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古