2011年2月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:00 Feb 27 2011

トヨタ 質検総局と会見後、中国でレクサス輸入車をリコールへ

 国家質量監督検験検疫総局(質検総局)のウェブサイトが明らかにしたところによると、トヨタ自動車(中国)投資有限公司は質検総局にリコール報告を提出した。カーペットクリップの不具合により、アクセルペダルの支持棒と干渉する恐れがあるという。3月23日より2003-2006年式レクサス(Lexus)RX300/350の輸入車に関してリコールを行う。トヨタの統計によると、中国大陸における対象車両は5202台で、製造期間は2003月2月-2006年7月。

 トヨタは24日、世界で約239万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。しかし、中国大陸部市場に投入した製品は、リコール車と同じ欠陥が存在するエンジンあるいは部品を使用していないとの理由から、リコール対象に含まれなかった。

 質検総局は引き続きトヨタのリコールに注目し、関連情報を適時収集・評価し、状況を見て関連の措置を講じ、消費者の安全を保障していく。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年2月27日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古