2011年3月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Mar 02 2011

中国政府系ファンド 日本企業への投資増加

 政府が出資する、いわゆる政府系ファンドである中国主権財富基金(SWF:Sovereign Wealth Fund)が日本企業への投資規模を拡大した。「ウォールストリート・ジャーナル」では、内部事情に詳しい投資コンサルティング会社関係者の話を報じた。それによると、昨年、中国投資有限責任公司(中投:CIC)の日本の主要優良企業への投資が倍以上拡大し、保有する株式の総額が1兆6000億円を超えた。しかし、企業の戦略や経営に介入するわけではなく、いわゆる「もの言う株主」ではない。株式の購入はオーストラリアで登記されている無名な投資ビーグルを通じて行われている。昨年4~9月、東芝、資生堂、キリンホールディングス、東京電力といった日本の有名な大企業の株主名簿の上位10株主に「SSBT OD05」という名前が登場した。

 ソニーや日本の主要銀行である三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャル・グループなどの企業でも、類似した名称のファンドが株主のリストに名を連ねていた。

 報道によると、中投と中国国家為替管理局(SAFE)の規模や日本市場の重要性を考えると、両機関が日本の株式に投資するのは決して驚くべきことではない。中投の2009年末時点での総資産3320億米ドルだった。昨年2月の中投の発表によると、米国で上場している60銘柄以上の株式及びファンドへ投資しており、その保有総額は96億米ドルに達した。この数字には公表されている米国での一部投資は含まれていない。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年3月2日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古