2011年3月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:24 Mar 02 2011

過去5年間の中国経済総量、ドイツ・日本を上回る

 国家統計局は1日、過去5年間の中国経済に関する精確なデータと分析を発表した。それによると、国民経済は安定した比較的速い成長を遂げ、総合的な国力は大幅に高まったほか、この期間の経済総量はドイツ・日本を上回り、世界における順位も上昇した。「中国新聞網」が伝えた。

 国家統計局は同日、「新たな発展、新たな飛躍、新たな一章」と題し、第11次五カ年計画(2006-2010、十一五)期における中国経済社会発展の成果を発表した。

 経済の安定した比較的速い成長は誰もが認めるところだ。2006年から2010年の中国のGDP年平均成長率は11.2%だった。これは同期間の世界の年平均成長率を上回っただけでなく、第10次五カ年計画(2001-2005、十五)期の年平均成長率を1.4ポイント上回り、成長率は改革開放以来最高となった。

 経済総量も絶えず拡大している。2010年、中国のGDPは39兆7983億元に達し、価格要素を差し引いた実質伸び率は2005年比69.9%増となった。年間平均レートで換算すると5兆8791億ドルに達し、日本を抜き、米国に次ぐ世界第二の経済体となった。

 一人あたりのGDPも急速に増加した。初歩的な予測によると、2010年の中国の一人あたりGDPは2万9748元で、価格要素を差し引いた実質伸び率は2005年比65.7%増、年平均成長率は10.6%で、第10次五カ年計画期と比べ、1.5ポイント上昇した。また、都市・農村住民の収入も急速に増加している。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古