2011年3月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:10 Mar 03 2011

日本、対中ODAを大幅削減へ 日中GDP逆転がきっかけ (2)

 ▽日本政府は対中ODAを慎重に検討へ

 日本の対中援助(ODA)には有償資金協力、無償資金協力、技術協力の3種類がある。うち、有償資金協力(円借款)は1979年に始まり、その額は中国が受け取った外国政府借款総額の約40%を占めているが、新規の有償資金協力は2008年に終了している。無償資金協力と技術協力は現在も続いている。

 前原外相による対中ODA削減指示を受け、外務省幹部は「日本政府は日本と中国の経済発展の現状、両国が戦略的互恵関係を築く上での必要性を考慮する一方で、2012年の日中国交正常化40周年についても考慮に入れ、対中援助について慎重に検討していく必要がある」と述べた。

 在中国日本大使館の関係者は2日夜、日本は今後、対中援助を主に環境保護と教育・研修面に集中させていく方針を明らかにしたほか、「将来的な協力の枠組みはODAだけでなく、双方が受け入れられる他の方式も考えられる」と述べた。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古