2011年3月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:36 Mar 04 2011

長征ロケットシリーズ、今後30-50年間の打ち上げに対応

 全国政治協商会議委員で中国航天科技集団公司中国運搬ロケット技術研究院党委員会書記の梁小紅氏は、長征ロケットの全シリーズが間もなく出揃い、今後30-50年間は宇宙船の打ち上げに対応できると明らかにした。これで中国のロケットが世界トップレベルに達することになる。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 運搬ロケットは中国を含む多くの宇宙開発国が宇宙に飛び立つ唯一の手段として使われる。中国の新型ロケットは全シリーズが出揃い、大型・中型・小型すべての運搬能力を備え、各軌道に対応した打ち上げを行える。今後、徐々に現役のロケットと交代していく計画だ。

 「長征5号」ロケットの開発は今のところ順調に進んでいる。完成後、ロケットの運搬能力や信頼性など総合的な性能は世界トップレベルに達するとみられ、特に運搬能力は米国が採用している水素型エンジンを動力とするデルタ4Hロケットの運搬効率と同じレベルで、最先端の水準にある。

 昨年、全世界で行われたロケットの打ち上げは計74回。打ち上げ回数では中国と米国が各15回で同じ2位だった。中国は15回の打ち上げすべてを成功させ、打ち上げ能力と成功率で世界一流の先進国に劣らないことを見せつけた。(編集KA)

 「人民網日本語版」2011年3月4日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古