2011年3月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:24 Mar 31 2011

中国の「80後」、「90後」に日本留学が人気 アニメなども影響

 日本のアニメ・漫画文化はすでに成熟した産業を形成しており、教育段階から最終的な製品生産に至るまでの体制が完備されている。中国の「80後(1980年代生まれ)」は日本のアニメ・漫画を見ながら育った世代であり、進んだアニメ・漫画の創作意識と文化を学びたいがために日本留学を選ぶ学生も多い。日本新華僑報のウェブサイトが伝えた。

 日本の関連機関が最近行った統計によると、日本でアニメ・漫画の制作を学ぶ中国の若者が近年急増している。

 統計では、日本でアニメ・漫画制作を専攻する中国の若者のほとんどが「80後」、「90後(1990年代生まれ)」であることがわかった。日本のアニメ・漫画文化は世界的に有名であり、若者に非常に人気を集めているため、「日本が世界に誇れる代表的文化」とみなされている。大まかな統計によると、世界のアニメ・漫画作品の6割は日本で作られたものだという。

 日本でアニメ・漫画制作を学ぼうと考えている中国の若者の多くは、関連学部がある日本の大学についてよく知っている。アニメ・漫画学部のある日本の大学を受験しようと考えている中国の高校生に聞くと、京都精華大学、名古屋造形大学、東京藝術大学など、関連学部のある15大学の名を挙げた。

 日本ではこのほか、機械製造、自動車デザイン・製造、都市計画などを学ぶ人も多い。

 近年、アジア諸国での留学を希望する若者はますます増えている。中でも日本を選ぶ留学生は一番多く、その次が韓国、シンガポールだという。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年3月4日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古