2011年3月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:57 Mar 07 2011

経済発展方式の転換加速 7つのキーワード (2)

 (3)農民の収入増加
 
 十二五期間に曲がり角を迎えるか


 陳副代表によると、十二五期間に国は一層有力な措置を取る予定で、農民の収入の伸びは曲がり角を迎える可能性がある。都市と農村との格差拡大という局面が転換する見込みだという。

 年初以来の日照り現象が食糧の安全な生産に影響するかどうかについて、陳副代表は「影響はあるかもしれないが、それほど大きくないだろう」と述べた。

 陳副代表の説明によると、日照り現象が影響を与える食糧作物の割合は限定的で、とりわけ20数日に及ぶ日照り対策を経て、影響を受けていた8省の被影響面積は約2800万ムー(約186万ヘクタール)まで減少し、春節(旧正月、今年は2月3日)以降は被影響面積の75%が日照りの影響から脱した。陳副代表は「今後も引き続き日照り対策を強化し、多方面で努力すれば、影響を軽減し、ひいては消滅させることが可能だ」と述べた。

 また陳副代表によると、年初以来の中国の食糧価格の前年比上昇幅は20%に及ばず、世界の上昇幅100%に比べれば5分の1であり、今後も基本的に安定を維持する見込みという。

 (4)自主イノベーション

 政府の誘導と資本注入が必要


 十二五期間にも引き続き自主イノベーションを推進するとすれば、どこから着手するべきだろうか。王中央常務副主席によると、自主イノベーションは一つのシステム的な作業であり、国の大型戦略の一つとして、産学研の三方面が連携して展開するべきだという。

 王中央常務副主席によると、自主イノベーションの実現には、政府が政策的な誘導と支援を行うとともに、資本を注入することが必要になる。

 また王中央常務副主席によると、自主イノベーションのビジネスモデルをしっかりと解決し、自主イノベーションにプラスとなる科学的な管理システムを構築することが必要だ。自主イノベーション管理システムの建設が非常に重要になる。管理システムでは科学技術資源の効果的な配置を強調し、国の科学技術政策決定メカニズムとマクロ調整メカニズムを構築し、その中味を充実させるとともに、社会全体の科学技術資源の効率よい配置と総合的な集積を促進する必要があるという。

[1] [2] [3] [4]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古