2011年3月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:22 Mar 11 2011

中国銀聯 シティバンクとアジア7カ国で業務展開

 中国銀聯は10日、米シティバンク銀行との協力合意に調印したことを明らかにした。合意を受けて、今後はアジア7カ国で銀聯カード業務を展開してカードを利用できる店舗を増やすとともに、オンライン支払いなどの分野での協力を模索していくという。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 合意に基づき、シティバンクはシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インドの7カ国の提携店舗で銀聯カードの受け入れ業務を進めることになる。またシティバンクが運営するオンライン店舗でも銀聯カードが使えるようにするという。

 銀聯の責任者によると、今回の合意により銀聯とシティバンクとの世界規模での戦略的協力が一層深まり、銀聯カードのアジアでの利用範囲が大規模に拡大するとともに、双方の世界規模での協力が一層強化される見込みだという。

 銀聯とシティバンクが2005年に戦略的協力関係を結ぶと、世界に広がるシティバンクのATM(現金自動預け払い機)ネットワークや一部地域の店舗で銀聯カードが使えるようになった。現在は世界の34カ国・地域で協力を展開している。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年3月11日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古