2011年3月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:23 Mar 18 2011

東日本大震災、中日両国民の感情を近づける契機に

 【特集】東日本大震災
 日本の有名な漫画家・青山剛昌氏は人気作品「名探偵コナン」の中で、オリジナリティに溢れる摩訶不思議なトリックを次々にみせてくれた。このたびの東日本大震災を受けて、中国の大勢の漫画アニメファンたちが、青山氏をはじめとする日本の漫画家たちの安否を気遣っている。

 北京出身の劉佳さん(29)は青山氏の安否を心配して、「どうか何事もありませんように。絶対無事でいてください。『名探偵コナン』はまだ完結していません」と話す。

 今月11日、マグニチュード(M)9.0の巨大地震が日本を襲った後、日本の漫画家の安否情報の確認リストがインターネットに飛び交った。中国の漫画アニメファンたちは情報が流れるたびに一喜一憂し、お気に入りの漫画家の安否情報をじりじりしながら待ち続け、その無事を祈っているという。

 猫のキャラクター・ハローキティが大好きだという31歳の女性は、毎日使うキーボードとマウスにもキティのシールを貼っている。女性はキティをデザインした渡辺侑子氏が無事かどうかが非常に気になるという。

 復旦大学日本研究センターの樊勇明主任によると、中日両国の文化交流における相互の浸透や理解が、両国関係を推進し、両国民の相手側に対する好感度を高める上で、目に見えない作用を及ぼしているという。

 樊主任は「具体的な出来事があると、中日両国民の感情は近づくことができる。特に文化的な交流や生活面での交流でそうだ。このたびの日本の災難は、両国民の感情を近づける契機になる。災害に見舞われた時には気持ちを伝えるということだ」と話す。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古