2011年5月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:25 May 10 2011

中国、2011年は「高速鉄道の年」 ネットワーク化実現

 うさぎ年に当たる2011年、中国の高速鉄道にとっては「脱兎(逃げ出すうさぎ)」のごとく動きの速い年になりそうだ。中国の高速鉄道建設が今年、飛躍的な発展を遂げようとしている。中国紙、経済日報のウェブサイト「中国経済網」が18日付け米誌「ビジネス・ウィークリー」に掲載されたコラムニスト、デヴィッド・マイケル氏の文章を引用して伝えた。

 マイケル氏は、中国の高速鉄道は向こう数年で歴史的な飛躍を遂げると指摘。いまは独立して運行している高速鉄道が相互につながり、主要都市を結ぶ全国的な高速鉄道ネットワークが誕生する、と話す。「これは歴史的な飛躍となり、大規模な高速鉄道建設がもたらす波及効果は、中国経済を次の成長へと推し進める」。

 中国で現在運行している高速鉄道はそのほとんどが独立運行の段階にあり、ネットワーク化されていない。2011年に劇的な変化が起こるというマイケル氏。「向こう数カ月で中国の複数の高速鉄道が相互につながり、真の高速鉄道ネットワークが誕生する」との見通しを示す。

 今年5月、総延長105キロの広州-深セン高速鉄道が運行を開始し、続いて6月に総延長1318キロの北京-上海高速鉄道、12月には総延長1107キロの北京-武漢(湖北省)高速鉄道が運行を開始する予定だ。そうなれば、北京から香港まで直通の高速列車で行けるようになる。

 マイケル氏によると、北京-瀋陽(遼寧省)高速鉄道が年内に開通するほか、上海-成都高速鉄道も今年12月に運行を開始する予定で、東西南北を貫く高速鉄道ネットワークがいよいよ誕生するという。(編集YT)

 「人民網日本語版」2011年3月18日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古