2011年3月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:41 Mar 31 2011

東日本大震災の連鎖反応(1)前に進む自動車産業

 【特集】東日本大震災

 日本の共同通信社が20日に伝えた、日本の民間シンクタンクと証券会社5社がこのほど発表した推計報告によると、東日本大震災が日本経済に与えた損害は最大で16兆円(約1兆3千億元)に達するという。マグニチュード(M)9.0の地震、大規模な津波、原子力発電所の放射能漏れ……大地震が引き起こした連鎖反応がまだ止まっていないとみられる。日本にとって、このたびの自然災害が経済に与えた「震動」は極めて強烈なものだったといえる。「国際金融報」が伝えた。

 ▽ダメージを受けながらも前に進む自動車産業

 ある日本メディアの報道によると、日本の自動車メーカーは地震で大きな被害を受けたが、徐々に回復しつつあるという。計画によれば、今週には操業を停止していたメーカーが生産を再開する見通しだ。

 三菱自動車は傘下の工場の多くが震源地から遠い場所にあり、それほど深刻な被害が出なかったため、今月16日には日本国内のすべての工場で操業を再開した。トヨタ自動車は、日本国内のすべての組み立て工場で22日から操業を再開すると決定した。本田技研工業株式会社、マツダ、現代自動車、いすゞ自動車は操業停止の期間を今月20日までとしており、今週には操業を再開するとみられる。

 新華信国際信息諮詢有限公司の郎学紅副総経理(副社長)は「工場が計画通り生産を再開できたとしても、原子力発電所が損害を受けたことで日本の電力供給は巨大な圧力に直面することになり、日本の生産能力にも直接影響することになる。また輸送能力などの物流システムが回復できるかどうかも未知数だ」と話す。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古