2011年3月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:42 Mar 25 2011

リビア情勢が中国の原油輸入に及ぼす影響

 リビアで現地時間19日、仏、英、米などの国による軍事攻撃が始まった。リビアの原油供給や今後の生産量は大きな打撃を受けると見られる。

 『BPエネルギー統計2009年版』によると、リビアの原油の確認埋蔵量は57億トンに達し、アフリカで確認埋蔵量が最も多い国となっている。原油生産量は1日あたり180万バレルで、ナイジェリアとアルジェリアをわずかに下回り、アンゴラとスーダンを大きく上回っている。

 もしリビアの政局の動揺が長引けば、国際エネルギー機関(IEA)が予測したように、その原油輸出は中断することが考えられる。原油輸入大国である中国は、その他の国からの原油輸入を増やすことで穴を埋めるしかない。ただ、昨年の中国のリビアからの原油輸入量は約700万トンで、原油輸入量全体に占める割合は約3%にとどまっており、リビア情勢の悪化が中国に及ぼす影響はそれほど大きくないと見られる。

 石油施設が他国の統制下に置かれたり、破壊されたりすれば、リビアのエネルギー供給が長期的に低迷状態に陥る可能性も出てくる。

 そうなると、リビアにいくつかの石油協力プロジェクトを持っている中国石油大手の中石油は、契約内容の変更や利益配分などで不利益を被ることにもなりかねない。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年3月22日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古