2011年3月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:11 Mar 23 2011

日本経済は衰退しにくいが、回復も難しい

 最近のレポートによると、原子力発電事故による損害を統計に反映させていない前提で、今回の大地震が日本経済に与えた損害は16兆円にも及ぶ可能性があり、1995年の阪神大地震後の兵庫県のまとめた9.9兆円をはるかに越えている。分析によると放射能漏れ事故により消費者心理にもたらされたマイナス面の影響は長期に亘って継続するだろう。この不確定性は震災後の日本経済の発展方向に影響を与える可能性がある。G7の会合が外為市場に介入する決定をしたのは、日本経済が大きく落ち込むリスクを減らそうとするものであるが、ただ将来的に阪神大地震後のV字型のような急激な回復を再現するのは難しい状況である。

 放射性物質漏れは経済の発展方向に影響する

 放射性物質漏れは既に今回の災害の最大の不確定要素となっており、この問題が迅速かつ有効に解決できるかどうかは、災害復興の進捗と関係するばかりではなく、日本の震災後の経済発展の方向に直接影響を及ぼす。

 ある報道によると放射性物質漏れはその地域の経済と生産品に致命的な打撃を与え、住民の大規模な恐怖心を引き起こし、それが長期にわたって続く可能性がある。

 19日、茨城県で生産したほうれん草と福島県産の牛乳の放射性物質の値が標準値を越えている事が判明した。アメリカの『ニューヨークタイムズ』は、食品輸出は日本の輸出総額からいえば僅かな比率だが、もし自動車や電子部品でも放射性物質汚染が発見されたら、これは日本の経済に甚大な影響を与えるだろうと言っている。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古