2011年3月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:10 Mar 25 2011

日本とリビアが世界経済を鈍らせるか (2)

 しかし、世界銀行の高級副頭取、主席経済専門家である林毅夫氏は「日本の地震は、中国を含む世界の経済に悪影響をもたらすが、それは短期的なものだ」と指摘する。

 「リビアを含む中東情勢はとても不安定な状態であり、世界の石油価格への影響は計り知れない」と中国国際問題研究所エネルギー戦略研究センターの夏義善主任は述べる。リビアの非常事態は、中東全体に飛び火し、現地の石油企業に損害を与えている。夏氏は「軍事衝突は既に欧米諸国などの先進国に深刻なダメージをもたらしている」と指摘した。

 リビアの情勢悪化を受け、石油価格は3月22日から上昇し続けている。ニューヨーク市場は1バレル=104ドルで取引を終え、ロンドン市場は1バレル=115.64ドルで取引を終えた。国土資源部石油戦略研究センターの岳来群博士は「ニューヨーク市場の石油価格が上昇した原因は、リビアの情勢だけではなく、日本が金融政策を緩和し、大量の資金を投入していることも影響している。これは世界経済の回復に影を落とすことになる」との見解を示した。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年3月25日

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古