2011年11月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:15 Nov 29 2011

中国企業、第1四半期のM&A総額が世界3位に

 トムソン・ロイターが26日に発表した最新統計報告によると、今年第一四半期、中国企業のM&A総額は米国と英国に次ぐ世界3位となった。京華時報が伝えた。

 同報告によると今年第1四半期、中国のM&A総額は422億ドル(約2783億元)、取引件数は769件に上り、同期における史上最高を記録した。うち、国内企業間で行われたM&A総額は159億ドルで、中国のM&A取引額全体の38%、取引件数全体の67%を占めた。外資による中国企業のM&A取引額は114億ドルに達し、取引件数は前年同期比166%増の173件となり、第1四半期における外資による買収額としては最高記録を達成した。中国企業による対外M&A総額は前年同期比25%増の計147億ドルに達した。

 業界別に見ると、第1四半期にM&Aが最も活発に行われたのは材料業界で、M&A総額は前年比18%増の計101億元に上っている。その次が金融業界で、M&A総額は76億ドルに達したが、前年比20%減となった。エネルギー・電力業界は昨年の水準を保ち、M&A総額は68億ドルに上った。第1四半期に中国企業が行ったM&A取引のうち、取引額が最も大きかったのは、中国石油国際投資有限公司によるカナダ天然ガス最大手・エンカナのシェールガス鉱区の権益買収で、54億3千万ドル。その次は、香港富商鄭裕トウ傘下の周大福による中国平安保険のH株2億7200万株購入で、194億5千万香港ドルとなっている。

 このほか、株式資金調達市場においても、中国市場の第1四半期の調達額が注目を集めている。トムソン・ロイターの統計によると、第1四半期、中国資本市場が調達した株式資本は世界2位となった。うち、中国企業が世界で発行した株式の資本額は258億ドル、国内ではA株発行による調達額が81%を占め、計208億ドルだった。A株の第1四半期のIPO総額は130億ドルに達した。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年3月28日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古