2011年3月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:22 Mar 29 2011

日本地震によるチップ価格上昇は4-6月に顕在化 (2)

 チップや液晶パネルなどの輸入予想価格が上昇している。ある企業によると、地震が原材料の供給に与えた影響は、対日輸出製品に与えた影響をはるかに上回る。たとえば東芝などの重要なチップ工場が地震で生産を停止したことが、これ以降のチップ価格に影響を与えることは必至で、実際の影響は在庫がなくなる第2四半期(4-6月)以降に現れるとみられる。

 またある企業は輸出への影響は輸入への影響よりはるかに小さいと答えた。第一に、企業の対日輸出製品は日本全体を販売先としており、被災地以外の販売ルートには目立った影響がないためだ。ただ被災地では家電製品や電子製品の販売が基本的にストップしている。第二に、対日輸出貨物の輸送にやや影響が出ているが、企業は輸出の常態の回復は輸入よりも目立って順調に進むとみており、長期的な輸出の予想には変化がないためだ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年3月29日

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古