2011年3月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:08 Mar 31 2011

日本で農産物が不足 浙江省の食品企業に注文が殺到

 【特集】東日本大震災

 日本では放射性物質の危険がいまだ排除されておらず、各被災地では野菜などの食品が不足している。杭州捷美特食品有限公司は29日、日本から冷凍野菜の緊急注文を受けた。受注量は通常の2倍から3倍だという。毎日商報が伝えた。

 杭州捷美特食品有限公司の王明保弁公室主任は「日本からは出荷を前倒しするよう要請されている。いつもは2-3日で2つのコンテナを発送していたが、現在は毎日2-3つのコンテナだ」と述べる。供給を確保すべく、同企業は一時的に欧米からの注文を遅らせているという。「残業して生産能力を拡大し、日本からの注文に優先的に対応していく」。

 日本へ出荷される製品は主に、ブロッコリー、インゲン、枝豆、クログワイなど。全て加工済み食品で、簡単な処理をすれば食べられるという。このほか、冷凍きのこ類の注文もあった。王明保氏は「受注量の増加は今後もしばらく続くと思われる」との見方を示す。

 日本からの注文は種類が幅広く、さばの缶詰など一部の商品は仕入先を探すのが困難となっている。台州黄罐食品股フェン有限公司は29日、日本からの注文を受け取ったが在庫がなかった。同社の責任者によると、日本の顧客はそれでもあきらめず、中国まで来てほかの製品を調達する予定だという。

 浙江省缶詰産業協会の李飛副秘書長は、「今後しばらくの間、日本からの農産物受注量は徐々に増えていくだろう」との見方を示す。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年3月31日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古