2011年5月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:21 May 10 2011

高速鉄道の開通で各航空会社の国内線に大きな打撃

 北京-上海を結ぶ京滬高速鉄道が今年6月末に開通する。鉄道部の盛光祖部長は3月26日、インタビューに答え、京滬高速鉄道のチケット価格が航空機チケットよりも安くなる見通しを明らかにした。高速鉄道の追い上げに直面する中、各航空会社は次々に航空業界への影響が予想されると表明している。では、航空会社はいかにしてこの状況を打開していくのだろうか?証券日報が伝えた。

 ▽価格と所要時間の戦い

 武広(武漢-広州)高速鉄道の開通による衝撃もさめやらぬ中、今年6月に最高時速400キロの高速鉄道車両が京滬高速鉄道上海区間(棗庄西-南京南-上海虹橋)で投入されることは、業界にとって大きな衝撃となる。ちなみに武広高速鉄道は完成からわずか2年で、すでに武漢-広州便のフライトスケジュールに影響をもたらしている。

 中国民用航空局が発表した2010年全国空港利用者数ランキングでは、武漢天河国際空港が14位と大幅にランクを落とした。全国の上位20空港を見ても、年間利用者量の増加率は低く、わずか3%にとどまった。

 南方航空湖北公司では、高速鉄道の影響で、武漢?広州間のフライトが毎日8便から6便に減少した。東方航空武漢公司でも、武漢?上海を結ぶ高速鉄道の開通に伴い、武漢-上海間のフライトが全盛時の20便から11便前後に縮小された。
 
 盛部長によると、京滬高速鉄道のチケットには(1)北京から上海への直通チケット(2)区間ごとに停車するチケット--の2種類があり、区間ごとに停車するチケットは航空機のチケット価格よりも大幅に安くなると見られるほか、北京から上海への直通チケット価格も、航空機より少し安くなるという。

 現在、京滬高速鉄道のチケット価格はまだ明らかにされていないが、滬杭(上海-杭州)高速鉄道の二等席の平均価格(1キロあたり0.52元)を参考にすると、京滬高速鉄道は全長1318キロであることから、二等席の価格は680元前後となると見られる。もし京滬高速鉄道のチケット価格が600元前後となり、さらに北京から上海までの所要時間が約5時間であることを考えると、民用航空と比べても十分な吸引力を持っており、かつて航空便を利用していたビジネス客の一部が高速鉄道に流れるのは必至と見られる。

 海南航空の呂広偉・董事長秘書は、「航空機の利用では所要時間の問題がある。北京?上海間を例にとると、飛行時間はわずか1時間強だが、市内から空港までの距離も長く、空港に着くまでの時間、空港から目的地までの時間、搭乗手続き、セキュリティーチェック、飛行時間などを含めると4-5時間はかかる。このため短期的に見ると、京滬高速鉄道は間違いなく打撃となるだろう」と述べる。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古