2011年3月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:31 Mar 31 2011

十二五期間 貧困扶助の基準を1500元に引き上げ

雲南省の貧困扶助開発では、貧困層が貧困から徐々に脱却し豊かになるよう支援している。写真は支援を受ける農民が自分たちの菜園で忙しく働く様子。

 このほど制定された第12次五カ年計画(2011-15年、十二五)によると、今後5年の間に中国の貧困扶助の基準が上方修正される見込みであり、そうなれば中西部の一部の省では貧困人口が昨年より大幅に増加し、貧困発生率も大幅に上昇する可能性がある。こうした動きにを踏まえて、全国政治協商会議の委員と中国国際慈善基金会の顧問を務める中国扶貧開発協会の林嘉ライ執行副会長がこのほど取材に応えた。「人民日報」海外版が伝えた。

 ▽世界の貧困撲滅成果の7割は中国で

 世界銀行が発表した最新のデータによると、過去25年間の世界の貧困撲滅事業の成果のうち約70%が中国での成果だった。中国を除けば、世界の貧困人口は実際には5800万人増加している。

 中国政府の南南協力専門家委員会の委員も務める林氏は、中国政府は農村の貧困の緩和と解消に向けた活動を常に非常に重視し、中国の特色を備えた貧困扶助の道筋を探ってきた。1978年にスタートした農村経営体制の改革により、農村の貧困の緩和に向けた制度的基礎がうち立てられた。1986年には計画的、組織的、大規模な貧困扶助開発が始まり、農村の貧困層の「温飽問題」(最低限の生活水準の確保)が基本的に解決した。2002年以降は、中国政府が都市部と農村部の発展を統括し、産業政策、地域政策、社会政策が一体化した大規模な貧困扶助の局面が徐々に形成されてきた。

 過去5年間に全国の貧困人口は6431万人から2688万人に減少し、重点県では農民の一人当たり平均収入が3273元に増加し、年平均増加率は10.28%に上った。国は農村の整備の推進、産業化経営の支援、労働力の移転や訓練育成の組織、移民や移転の作業、複数地域をカバーする開発、複数の貧困レベルの高い地域を対象にした集中的な取り組みといった措置を実施した。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古