2011年4月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:47 Apr 06 2011

国際救助への参加で「メイド・イン・チャイナ」のイメージ向上 (2)

 三一重工の62メートルのポンプ車は3月19日、中国人の祈りとともに中国を出発した。設備の調整、日夜にわたる陸海輸送、操作員の研修、放水テストなど8日間にわたる事前任務を終え、ポンプ車は27日12時45分、ついに福島原発の指揮センターに到着、31日12時より福島原発1号機への放水作業をスタートした。最新の情報によると、ポンプ車は正常に稼動しており、放水の効果は良好で、放水作業は今後1カ月あまりにわたって続くという。

 日本国内では、福島原発の復旧作業に中国のポンプ車が投入されたとのニュースが数十の大手メディアによって報じられ、日本の人々、政府から感謝の声が上がっている。メディアによると、日本最長のブームを誇るこのポンプ車は、親しみをこめて「大キリン」などのニックネームがつけられたという。

 ブームの製造技術把握は、そう簡単な道のりではなかった。ブーム技術はコンクリートポンプ車にとって要となる技術であり、この技術はこれまでドイツ、米国が握っていた。三一重工は自主開発・革新を重ね、1998年についにこのコア技術を把握、知的所有権を持つ国産コンクリートポンプ車の開発に成功した。これは中国初の国産ポンプ車であり、国外ブランドの独占状態を打破することとなった。

 それから10年間の発展を経て、三一重工のポンプ車は37メートルから72メートルに成長し、三一重工を代表格とする国産ポンプ車は完全に輸出品に取って代わった。三一重工は世界最大のコンクリートポンプ車製造基地となり、ポンプ車の年間生産台数は4000台あまりに達した。

 昨年10月のチリ落盤事故の救出でも、三一重工のSCC4000型キャタピラー式クレーンが救出用のケージ引き上げという重要な任務に選ばれた。

 中国製の設備がチリ落盤事故の救出に選ばれたことで、「メイド・イン・チャイナ」の品質に対する国際社会の初歩的な理解が得られたとすると、今回、建設機械の製造強国である日本が中国のポンプ車の購入を申し入れたことで、「メイド・イン・チャイナ」に対する国際社会の認可が大幅に高まったことは間違いないだろう。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年4月6日

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古