2011年4月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:25 Apr 07 2011

日系人気車種に在庫切れ 日産中国減産を否定

 日本の大地震による中国の日系合弁自動車メーカーへの影響は現在も続いている。一部のメーカーは部品の供給不足による減産の危機からまだ脱せていない。

 毎日経済新聞の取材によると、一部の日系メーカーの人気車種が在庫切れの危機に直面しているという。ホンダ中国はこのほど、ホンダの合弁自動車企業は生産停止に踏み切ることはないが、今後の状況によっては減産を実施する可能性があると明らかにした。一方、日産中国は、中国で減産の計画はなく、生産が停止されることはあり得ないとした。

 一部の日系人気車種に在庫切れが発生

 北京市の各大手自動車メーカーを取材したところ、日系合弁自動車メーカーのディーラーの多くが在庫不足の状態に陥っていることが分かった。あるディーラーによると、人気車種に在庫切れが発生しており、新たに新車を入荷するには少なくとも1カ月はかかるという。

 「日本の地震で部品の供給が不足したことで、メーカーは現在、カムリ2.0Lシリーズの生産計画を見合わせている。2.0Lシリーズの生産は6月まで停止される可能性がある」北京市内にある広汽豊田の営業担当はこのように明かした。現在、比較的人気のある日系合弁ブランド車種に影響が出ている。広汽豊田の主力車種であるカムリは、一部の色やデザインを除いて、2.0Lシリーズの在庫が全て無くなったという。

 自動車業界に詳しい賈新光アナリストは取材に対し、「日系合弁企業の部品の在庫は平均で1カ月程度もつとみられるが、日本国内の部品工場が長期間生産を再開できなければ、日系合弁企業は減産や生産停止の危機に直面することになる」と述べた。

 日産中国、減産の噂を否定

 賈新光氏は取材に対し、「日系合弁企業は一部の車種に関して生産停止措置をとる可能性はあるが、人気車種、現地化の進んだモデルに関しては生産を継続する。日本の自動車メーカーは海外市場に優先的に部品を供給し、また、海外での部品生産を拡大する可能性が高いため、海外市場の部品供給不足の危機は緩和される」と述べた。

 ホンダ中国広報部長の朱林潔氏は取材に対し、ホンダの合弁企業は部品供給不足の影響を受けていないため、生産停止に踏み切ることはないが、今後の状況によっては減産を実施する可能性は排除できないとの見解を示した。朱林潔氏は、「日本国内にあるホンダの部品工場は4月初めに生産を再開するが、当面は5割程度の生産ペースに留まる。生産は再開されるが、部品の生産率は低いため、合弁企業の部品の在庫状況は今後も影響をうける」と述べた。

 日産中国の広報担当である瀋麗氏は取材に対し、日本国内にある日産のいくつかの工場は3月下旬より生産を再開したが、生産量は正常時の5割程度にとどまっていると明らかにした。瀋麗氏は、「東風日産が部品の在庫不足に直面しており、4月より10%の減産を実施する」との噂を否定した。瀋麗氏は、「現在、日産の合弁企業における部品の在庫量はまだ十分に存在する。休日出勤制度が一時的に取り止めとなり、生産ペースは遅くなっているが、日産が中国で減産を実施する計画はなく、生産を停止することはあり得ない」と述べた。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年4月7日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古