2011年4月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:17 Apr 08 2011

カナダ紙:中国経済は大減速の瀬戸際にある

 カナダ紙グローブ・アンド・メールは3月31日、「なぜ中国経済にまもなく急ブレーキがかかるか」というタイトルで、「数年の間に、中国経済は次々と歴史的記録を打ち出してきた。すべては驚異的なGDP成長によるものである。しかし、中国は大減速の瀬戸際に立っている」との記事を掲載した。

 政府は新しい五カ年計画の中で2つの急務事項を掲げた。物価安定の維持と消費の促進である。その内、後者は対中国貿易で大幅な赤字を出しているアメリカとその他の先進国が最も関心を持つ問題である。これらは重大な変化である。カーネギー国際平和財団の中国問題専門家、マイケル・ペティス氏は、「前回の五カ年計画では、経済成長がこれまで通り最も重要だった。注目すべきは、中国が2011年の平均成長率目標を7.5%から7%に下げたことだろう」と述べた。これまで中国はいとも簡単に二桁の成長率を記録してきた。しかし、ペティス氏はこのような日々は終わりを告げるだろうとの見方を示した。実際、中国の総理もこれまでに、質と効率を向上させることを前提として、7%の成長を実現するのは簡単ではないと表明している。

 中国は市場を開放して以降、投資が経済の繁栄を牽引してきた。コロンビア大学商学部のデビッド・ベム教授は、中国の超成長が持続するはずがないと述べた。ベム教授によると、日本も以前は二桁成長を維持していたが、徐々に勢いが止まり、1980年中ごろには5~7%に落ち着いた。韓国の発展の過程も大体同じようなものであったという。日本の経済成長は、銀行の大規模な貸付により人工的に推進されたものであり、最終的にバブル崩壊を招いている。現在、中国は同じ様な手段で経済成長を維持している。「中国の経済成長を支える金融過剰は人為的なものだと信じる理由が我々にはある」

 中国の急成長はオリンピック、高速鉄道、空港などへの投資が後押した。ペティス氏は、最近の急成長が新たな不良債権を生みだすことを懸念している。その債権は誰が支払うのだろうか?中国の中産階級?農民?それとも中国は莫大な外貨貯蓄を利用して銀行を救うのだろうか?

 これらすべては中国政府の2つ目の重要課題である消費の促進をますます困難にしている。中国の指導層は、投資の持続が消費の拡大を抑制するということを理解しているはずである。投資牽引型の経済は、いつ止めるべきかを把握するのが難しい。多くの国が「止めどころ」を見誤り、最終的に調整困難に陥っている。ベム教授は、中国の超成長の黄金期は終わりを告げるだろうとの見方を示した。中国が急成長を見せたときと同じように、中国経済の急ブレーキは世界に動揺をもたらすことだろう。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年4月8日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古