2011年4月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:19 Apr 08 2011

日本 今後の30年はどうなる

 【特集】東日本大震災

 福島原発の放射性物質漏えい事故が長引き、放射性物質が日に日に拡散するに伴い、日本の「孤島化」がますます進みつつある。

 まず、電力不足により、自動車・電子産業のサプライチェーンが寸断した。第二に、放射性物質汚染により、日本の農産物輸出が打撃を受けた。そして第三に、日本滞在中の外国人や日本人が核の恐怖に耐えかねて日本を離れ、安全な住居を探す可能性がある。このような兆候は早くから見られていた。放射性物質が漏えいしたばかりのころ、各国は被害が深刻だった被災地から自国民を緊急退避させた。最新の情報では、東京ではすでに25カ国の大使館が臨時閉館している。中国経済時報が伝えた。

 福島原発の最終的な運命がどうであれ、日本は、人類は、もう二度とあのころに戻ることはできない。かつてのエネルギー体制に戻ることはできないし、原子力エネルギーに対する安全感を取り戻すこともできないだろう。さらには、人々がパニックに陥って日本から撤退し、日本はこれまでの「失われた20年」だけでなく、今後の30年、ひいてはもっと長い時間を失うことになるかもしれない。

 ある人は「今回の災害は、日本経済に全面的に打撃を与えることはなく、むしろ中長期的に見れば、良い転機になるかもしれない」との見方を示す。日本は歴史的にその国民性でもって、これまでも災害の危機を復興のチャンスとしてきたからだ。GDPの世界ランキングで3位に転落したばかりの日本が、中長期的な経済構造の転換と公共財政間のバランスを通じ、明治維新、戦後の復興に次ぐ3度目の経済的奇跡を起こすことができるかどうかは、注目に値するところだ。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古