2011年4月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:24 Apr 13 2011

シャープ 中国の空気清浄機市場に進出

 日本のシャープ株式会社は独自開発の空中除菌技術「プラズマクラスター」を搭載した空気清浄機をひっさげて、中国の空気清浄機市場に進出を果たした。シャープ商貿(中国)有限公司の菅野信行董事長(会長)によると、空気清浄機市場の展望は明るく、現在は年20%のペースで成長を維持しているという。「国際金融報」が伝えた。

 2010年に世界の空気清浄機市場の売上台数は1千万台を超え、うち中国が100万台を占めた。消費者は建物の内装後の空気の汚れに強い関心を寄せており、このことが中国の空気清浄機市場の発展の潜在力となり、毎年20%を超える成長ペースを維持するパワーの源となっている。これまでにシャープだけでなくサムスン、格力、ダイキン工業、遠大、亜都などのメーカーが、中国空気清浄機市場の開発に力を入れることを相次いで宣言している。市場競争はますます激しくなっているが、菅野董事長はシャープは業界の平均成長ペースを上回るとの自信を示し、今後の普及の重点は中国市場にあること、またシャープが中国市場で展開する冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどの白物家電の分野にも空気清浄機でのやり方を応用していくことを明らかにした。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年4月13日


関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古