2011年4月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:34 Apr 18 2011

上海モーターショーがまもなく開幕 自動車市場が直面する5つの困難

 【特集】2011年上海国際自動車工業展覧会

 自動車市場の刺激政策が全面的に廃止されたことによる、第1四半期の伸び幅の大幅な低下。楽観できないマクロ経済。東日本大震災による多国籍自動車メーカーの部品供給困難。高騰を続ける原油価格と、それに伴う自動車に対する消費者の自信喪失。日に日に悪化する自動車の利用環境、、、。

 自動車市場は今年これら5つの困難に直面し、困惑期に突入した。様々なマイナス要素が同時に発生し、解決が待たれている。まもなく開幕する2011年上海モーターショーは、今年の自動車市場の方向性を指し示すものとなるかもしれない。華西都市報が伝えた。

 ▽政策面:刺激政策が全面的に廃止

 中国自動車工業協会が発表した最新の統計データによると、今年第1四半期、中国の国産自動車生産台数は489万5700台、販売台数は498万3700台で、それぞれ前年同期比7.48%増、8.08%増となった。伸び幅は前年同期比それぞれ69.51ポイント減、63.7ポイント減だった。

 また、自動車の農村普及政策が廃止されたことで、クロスオーバー車の販売が大きな影響を受けた。中国自動車工業協会のデータによると今年1-3月、クロスオーバー車の生産台数は8.21%減、販売台数は5.60%減となったほか、セミトレーラ牽引車の生産台数は18.51%減、販売台数は21.20%減となった。

 ▽マクロ経済面:インフレで消費にマイナス影響

 国内の経済状況を見ると、なかなか下がらないインフレ率も自動車の消費にある程度のマイナス影響をもたらしている。業界関係者は、インフレにより、物価上昇?貨幣価値の低下だけでなく、消費者の自信喪失ももたらされるだろうと分析する。

 インフレ率の高止まりは、新車購入後の維持費が値上がりすることも意味する。修理、整備、洗車などの料金もそれぞれ値上がりする可能性がある。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古