2011年4月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:20 Apr 18 2011

日本、観光支援のため中国人の「ノービザ」検討

 東日本大震災の発生から1カ月あまりが経つが、大きなダメージを受けた日本の観光市場に回復の兆しは見られず、そのうえ福島の原発事故がレベル7に引き上げられたことで、日本は海外の観光客から避けられる「危険な地」となった。被災地から遠い沖縄や北海道にも影響が及んでいるため、日本政府は中国人観光客を対象に「ノービザ」制度を導入することを検討している。

 日本メディアの報道によると、国民新党の下地幹郎幹事長は4月13日、福山哲郎官房副長官と会談し、大震災の影響で沖縄を訪れる観光客が激減しているため、沖縄を観光する中国人観光客を対象に「ノービザ」制度を導入するよう要請した。下地氏によると、福山氏は今月中に協議を進める意向を示しているという。

 ところが、「ノービザ」制度の導入は警視庁に強く反対されている。ビザが開放されれば、不法滞在などの「出入国管理及び難民認定法」に反する行為が発生する恐れがあるため、慎重に考える必要がある。この点について福山氏は、警視庁を含む関係機関とこの問題を検討中だと話した。

 下地氏は記者会見で、沖縄の観光業は大震災の影響を受け、日本政府の早期の対応策が必要だと強調した。下地氏は地震発生直後、枝野幸男官房長官に中国人観光客の「ノービザ」制度を導入するよう要請したが、枝野氏は「検討する」と回答していた。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年4月18日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古