2011年4月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:30 Apr 19 2011

中国人の海外旅行、その将来性に多くの国が期待

 北京における「太平洋アジア観光協会(PATA)60周年式典」、「中国出境旅遊交易会(COTTM)」の相次ぐ開催と、「2011年中国海外旅行発展年次報告書」の発表を受け、中国人の海外旅行に再び世界の観光業界からの注目が集まっている。人民日報海外版が伝えた。

 ▽世界の観光会社が中国市場に注目

 4月13日から15日にかけ、「第7回中国出境旅遊交易会」が北京で行われた。交易会にはカンボジア、カナダ、モロッコ、エジプト、インド、メキシコ、南アフリカ、トルコなど55カ国・地域から、観光局、海外旅行会社、ホテル、クルーズ会社、航空会社、レンタカー会社、探検観光機関などの代表者230人が参加した。

 現在、中国人の自費海外旅行先は140カ国・地域にのぼり、正式に開放されている観光地は110カ所に達する。中国経済の成長と個人所得の増加により、海外旅行は人々にとって日常的なイベントとなりつつある。

 中国出境旅遊交易会のトンプソン・プロジェクトディレクターは、「中国は多くのプラス要素により、ますます多くの各国観光地から注目を集めている」と述べる。今回の交易会では、▽中国観光客の最新の海外旅行ニーズ▽テーマ旅行・豪華旅行をいかに普及するか▽異なる消費者層のニーズをいかに満足させるか--などのテーマが集中的に討論されたという。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古