2011年4月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:58 Apr 19 2011

十二五期間の自動車産業の六大任務 工業情報化部

 工業情報化部の蘇波副部長は18日、上海市で開催された2011年上海国際モーターショーサミットフォーラムに出席し、第12次五カ年計画(2011-15年、十二五)期間の中国自動車産業には、自主イノベーション能力の向上、産業の整備の強化、新エネルギー自動車の発展など6つの任務があると述べた。

 蘇副部長によると、中国自動車工業の発展の基本条件や長期的な方向性には変わりがないが、今後5年間は中国自動車産業の発展環境に大きな変化が生じることが予想される。産業の発展の中で蓄積された矛盾点や問題点の顕在化、企業の技術イノベーション能力の弱さ、中核技術の不足、独自ブランドの総合的競争力の弱さ、部品の発展の遅れ、産業の組織構造にさらなる調整が必要なことなどは、十二五期間に解決に向けて努力しなければならない問題だ。

 蘇副部長は十二五期間の自動車産業の発展における6つの任務は次の通り。

 (1)自動車メーカーの自主イノベーション能力を大幅に向上させる。自主イノベーションと自主研究開発能力との向上は、中国が自動車製造大国から自動車強国への転換を果たす上でのカギであり核心だ。特に高効率・低排気量のエンジン、ギヤ、ステアリングシステム、サスペンションシステムといった重要部品の自主研究開発を加速させる。

 (2)製品の改良やグレードアップを推進し、中国の自動車大国から自動車強国への転換を実現させる。大企業グループによる生産要素・資源の調整を奨励し、大規模な合併再編をさらに推し進め、さまざまな車種について同業のライバル間の合併買収(M&A)を行い、大型自動車に力を入れ、産業全体のスケールメリットと企業の競争力を高める。

 (3)新エネルギー自動車の発展を加速させ、新材料などの中核技術を掌握し、動力電池とその管理システムの中核技術を飛躍させ、モデル事業を緩やかに推進し、充電設備の建設を加速し、自動車の省エネ管理制度を整える。

 (4)部品の発展を加速し、部品間で歩調を合わせた研究開発や先端の研究開発を行うことは、自動車産業の保障となる。国は十二五期間中、先端のエンジンユニットとその部品を積極的に発展させ、動力システムと車載装置の発展を加速させ、新エネルギー車の部品の発展を積極的に支援する方針だ。

 (5)自動車関連のサービス業の発展に力を入れる。生産と消費をつなぎ、新車の販売、部品の供給、アフターサービス、中古車取引などのサービスシステムをうち立て、自動車保険、自動車ローン、レンタカーなどの現代型サービス業の発展に力を入れ、条件を満たした大手企業が製造業分野からサービス業分野へ事業を拡大することを支援する。

 (6)対外開放の段階とレベルを引き上げ、海外との合弁協力を引き続き強化し、導入技術の消化、吸収、リイノベーションを強化する。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年4月19日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古