2011年4月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:37 Apr 20 2011

2015年中国自動車保有台数は1億5000万台に

 上海国際モーターショーサミットが18日に開催された。サミットでは、「十二五(第12次五カ年計画:2011-2015年)」計画が自動車業界関係者の関心を集めた。サミットに出席した工業情報化部の蘇波副部長は18日、「今後5年で、中国の自動車産業には重大な変化が発生し、発展の過程で蓄積した問題が今後、次々と顕在化してくる」と述べた。

 また、蘇波氏は、最も低く見積もったとしても、中国の自動車保有台数は2015年までに1億5000万台に達し、石油の供給に大きな圧力を与えることになると明らかにした。

 「今後の自動車市場の成長は、WTO加盟後10年で見せたような爆発的な成長を見せることはない」。蘇波氏は自動車の需要と制約について独自の見方を示した。蘇波氏は、中小都市および農村部の自動車市場は今後も安定した成長を見せるとした上で、「2010年、中国の自動車保有台数は1000人中58台となっており、世界水準の半分にも達していない。しかし、自動車消費に関して、欧米諸国のモデルをコピーすることは簡単ではない」と述べた。

 調べによると、2010年、中国の自動車用燃料消費量は1億4000万トンに達した。「十二五」期間中、自動車保有台数が最低5%のスピードで増加した場合、中国の年間自動車生産台数は2015年までに2300万台、自動車保有台数は1億5000万台を越え、燃料の年間消費量は2億3000万トンとなる。これについて、蘇波氏は「燃料の供給が不足するだけでなく、排気ガスの増加により、省エネ・二酸化炭素排出削減目標も達成できなくなる」と述べた。

 「十二五」期間中の生産・販売計画について

 北京汽車集団の徐和諠董事長は、2009年に買収したスウェーデン自動車会社サーブの技術と自社の開発技術を融合させ、新たに21モデルを開発する計画であることを明らかにした。

 広州汽車集団の曾慶洪総経理は、広汽集団は2015年までに生産台数300万台、販売収益4000億元を達成すると述べた。また、資本運営に関し、今年9月までにA株市場での上場を果たすとした。

 上海汽車集団の周郎輝副総裁は、「中国自動車市場の成長率は今後5年で8.8%に達する。上海汽車は生産?販売台数500万台を目標とし、自社ブランドと中国で開発した自動車の販売台数を全体の40%以上にする」と述べた。

 長安汽車の張宝林総裁は、「長安汽車は低排出ガス車の生産台数を全体の80%にする。新エネルギーに関して、長安汽車はハイブリッド車や電気自動車などの開発に積極的に取り組んでいく」と述べた。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年4月20日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古