2011年4月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:26 Apr 20 2011

日本地震は産業チェーンに影響 商務部

 商務部の姚堅報道官は19日の定例記者会見で、このたびの東日本大震災と津波は日本の産業チェーンに影響を与え、中国にある日系企業の生産経営に一定のダメージを与えるとの見方を示した。ラジオ放送・中国之声の「新聞晩高峰」が伝えた。

 姚報道官は次のように述べた。

 日本は中国の対外開放において、特に貿易や投資の面で非常に重要な役割を担っている。

 このたびの地震による影響は比較的はっきりしたものだといえる。特に産業チェーンへの影響ははっきりしているといえる。中国が日本から輸入する主な製品は電子類製品や自動車といった製品だ。日本(企業)は中国に多くの工場をもち、日系企業の生産はこれらの電子類製品や自動車部品に支えられている。よって(このたびの地震は)中国の生産経営活動に影響を与えることが予想される。特に日系企業の中国における生産経営活動に影響を与えるとみられる。

 投資の面ではチャンスと問題点とが共存する。地震による経済のペースダウンを受けて、日本企業は経営と生産の復興プロセスを踏む必要が生じた。よって対中投資を含む当面の対外投資に影響を与えることが予想される。

 積極的な面を考えれば、このたびの地震による産業チェーンへの影響により、企業は産業チェーンの分布において、より合理的な分布をするべきであることが明らかになった。たとえば電子産業、自動車産業、工業の製造などで、産業チェーンを今後どのように配置するのかという問題がある。

 中国は今後、日本側と効果的に協力を進め、中日間の経済協力を促進して、リスクを解消し、産業協力を増やしたいと考えている。今週末には中国、日本、韓国の経済貿易担当の閣僚が、日本で中日韓経済貿易閣僚会合を開く予定だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年4月20日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古