2011年4月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:05 Apr 28 2011

東日本大震災、中国の観光業にも影響

 日本の地震、津波、放射性物質漏えい事故は日本の観光業に大きな衝撃を与えただけでなく、中国の観光業にも大きな影響を与えている。隣国である日本からの訪中旅行者数は、訪中旅行者数の国別ランキングでも2位を占めている。日本の観光市場が縮小すると、中国の観光業にはどれだけの影響があるのだろうか?人民日報海外版が伝えた。

 ▽日本市場の変化が業績にも影響

 現在、中国のほとんどの旅行会社は日本行きの観光ツアーをすべてキャンセルしている状態だ。日本からの旅行者も激減している。中日間の観光市場がいつ回復するのかはまだ未知数だ。業界関係者は、「日本市場の変化は中国観光業にとっては比較的大きな損失となり、通年の業績への影響は軽視できない。しかし、日本市場でのマイナス影響は国内市場で埋め合わせることができる」との見方を示す。

 観光業は現在、世界最大の産業であり、中国でも近年急速に発展している。国家観光局のデータによると、2004年から2009年、中国国内の観光収入は4710億元から1兆2百億元に増加した。年平均増加率は19%に達し、中国は世界最大の国内観光市場になりつつある。中国はすでに、フランス、米国、スペインに続く世界第4の外国人観光客受入国となった。一方で、海外旅行に出かける中国人の数も年平均11%のスピードで増加しており、海外旅行者の規模はアジア最大に達した。

 ある専門家は、「地震と放射能物質漏れ事故の影響が続けば、日本の観光業は大きな影響を受け、入国?出国する旅行者はどちらも大きく減少するだろう。これにより、勢いよく成長する中国市場が日本を追い抜く可能性がある」と指摘する。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古