2011年4月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:10 Apr 28 2011

S&P、日本国債の格付け見通しを引き下げ

 格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は27日、日本の長期国債の格付け見通しを現在の「安定的」から「ネガティブ」に引き下げると発表した。格付け自体は「AAマイナス」に据え置いた。

 S&Pは東日本大震災の復興や放射能漏れ事故の処理に20兆-50兆円という巨額の資金が必要であり、これらは政府や地方自治体が負担し、財政支出が増加の一途をたどるため、財政状況はさらに悪化すると予測。政府が効果的な財政再建策を打ち出せなければ、今後格下げの可能性もあるとしている。

 S&Pは今年1月、政府の財政難を理由に日本国債の格付けを上から3番目の「AA」から「AAマイナス」に1段階引き下げた。別の格付け会社ムーディーズも2月に日本国債の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年4月28日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古