2011年5月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:39 May 09 2011

日本の食品安全神話はどのように生まれたか?

資料写真:「水俣病」の患者

 日本の食品は比較的安全だと考えられている。しかし、日本にも利益のために、粗悪な食品を製造する業者がいる。日本の食品が安全なのは、日本人が仕事に対してまじめだからではなく、他の原因がありそうだ。

 かつて相次いだ食品事件

 過去の日本には食品安全神話など存在しなかった。「イタイイタイ病」、「水俣病」など汚染された食べ物による公害は世界でも有名であり、水俣病の訴訟は50年以上経った今でも続いている。

 これらの公害以外に、日本では人為的な食品事故が多々発生した。例えば、1955年に発生した森永ヒ素ミルク事件では12159人が中毒にかかり、その内131人が死亡、1968年のカネミ油症事件では1283人が中毒にかかり、28人が死亡した。

 しかし、1980年代以降、日本の食品の安全性は確実に向上した。1998年に和歌山県で起きたヒ素カレー事件を除いて、悪劣な事件はほとんど起きなかった。

 現在、日本で話題に上がるのは、ほとんどが輸入食品の安全性についてである。例えば、アメリカ産牛肉のBSE(狂牛病)問題、中国産野菜の農薬問題などだ。日本製の食品が話題に上がっても、多くが輸入食品と関連したものである。一部の悪徳業者が劣等品を販売したり、普通の食品を高級品と偽って販売したなどだ。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古