2011年5月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:45 May 09 2011

中国は世界一の造船大国 まだ造船強国といえない

 海洋イベントの2011年中国航海日活動の記者会見が7日、国務院新聞弁公室で行われた。出席した交通運輸部の徐祖遠副部長によると、中国の港湾の貨物取扱量とコンテナ取扱量は7年連続で世界一となり、水産品の総生産量は約20年にわたり世界のトップだ。2010年からは水上輸送大国、海洋大国のほかに、世界一の造船大国との称号が加わったが、科学技術レベルや総合力などの面では先進国との間に小さくない開きがあり、中国はまだ造船強国とはいえないという。

 ここ数年来、中国の船舶工業の国際市場シェアが急速に上昇しており、特に国際金融危機の後は国際造船市場におけるシェアが増加している。2010年の造船完工量は6560万積載重量トンで世界市場シェアは43%に上り、新規造船受注量は7523万積載重量トン(同54%)、造船手持ち工事量は1億9590万積載重量トン(同41%)で、いずれも世界一だった。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年5月9日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古