2011年5月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:07:45 May 11 2011

中国自動車市場の発展、今後10年は西部が要に

 「重慶時報」、「成都商報」、「毎日経済新聞」が共同で主催する「2011年第1回中国自動車成渝(成都?重慶)フォーラム」が5月6日に成都で行われ、全国の有名自動車メーカーの役員37人、「成渝経済区区域計画」を最初に提起した著名学者の林凌教授、ベテランのメディア関係者、成都の自動車市場で活躍する自動車企業の代表らは「第4極の勝敗」をテーマに討論し、中国自動車市場の発展をめぐって熱い議論を繰り広げた。

 「成渝経済区区域計画」が成都と重慶の自動車市場をけん引

 「成渝経済区区域計画」は、同区域を2015年に中国西部の経済の中心にすることを目指している。自動車産業が西部の発展において、環境保護や交通、エネルギーの問題をどのように解決するかは、両市がともに直面する問題となる。

 北京現代(ヒュンダイ)販売部門の張志勇副総経理は、重慶と成都は西南市場をリードすると見ている。北京現代は西南地区に38店舗の4S店(販売?アフターサービス?部品供給?情報提供)を持ち、成都に16店舗、重慶に4店舗を構える。今年上半期にはさらに2店舗増やし、地級市や県級市と同じ位置づけとなっている。

 四川に最初に工場を設立した合弁企業の一汽豊田は、成都・重慶を中心とする西部市場にとって極めて重要な存在だ。同社の広報責任者の馬春平氏によると、一汽豊田は全国を6つの市場に分けており、その中で成都と重慶を中心とする西部市場は最も面積が広く、発展の潜在力が大きいエリアの一つである。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古