2011年5月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:23 May 13 2011

低価格日本ツアー 来月に震災後初のチャーター機

 東日本大震災とそれに続く津波の発生後、日本への観光旅行ツアーがほぼゼロに激減した。12日に開幕した上海観光資源博覧会には、日本の旅行会社が一団となって出展し、低価格ツアーで観光客を呼び込み、再び日本観光市場をにぎわそうとする姿勢を示した。来月には震災後初のチャーター機も運航する予定だ。ある業界関係者によると、日本ツアーは早ければ夏休みの時期に復活し、主な行き先は関西地区と九州地区になる見込みだという。「上海商報」が伝えた。

 ▽ツアー価格は過去最低水準に

 日本ツアーが大幅に値下がりしている。これまでは5500元前後だった九州4日間の旅が現在は3999元に値下がりし、その他の路線も30%以上値下がりして、日本ツアーの最安値を更新した。

 博覧会に出展した日本・大阪のある旅行会社関係者によると、現在、日本観光市場の情況は確かによくはない。香港や台湾からは4月以降に団体ツアーがやってきているが、大陸からのツアーはない。現在、大陸部市場全体で日本への自由旅行はごく少数で団体ツアーはほぼゼロに近い。一方、香港・台湾地区からの観光客はやや増える見込みだという。

 大阪の観光部門の責任者によると、夏休みには各種のサービス、たとえば商店や観光スポットの販売促進活動や交通費の割引などをうち出す予定だ。現在の現地の観光市場の回復状況は3割ほどで、年末までに7割が回復する見込みという。

 ▽地震後初の中日間チャーター機

 春秋国際旅行社と日本の香川県政府は6月2日、上海発、日本・香川県の高松空港行きのチャーター便を共同で運航する。中国から180人の観光客が同機を利用して、香川、大阪などの関西・四国地方を訪れると同時に、日本からの観光客も同機を利用して、上海観光旅行に出発する予定だ。

 春秋社の責任者によると、これは東日本大地震発生以来の両国の間での影響力ある観光交流となる見込みで、中国人観光客の日本観光の先鞭をつけることが期待されるという。

 春秋社は今回、4日間と5日間の各種ツアーを準備した。香川、大阪、神戸、奈良をめぐる文化観光ツアー、香川、小豆島の温泉ツアー、香川、広島を訪れる広島中心のツアーなどさまざまなツアーがある。今後も香川、九州をめぐるレジャー文化ツアーや香川、沖縄を組み込んだ海上レジャーのツアーなどを相次いでうち出すとしている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年5月13日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古