2011年5月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:08 May 17 2011

フォーブス誌の中国有名人番付 収入トップは姚明

 米経済誌「フォーブス」はこのほど2011年版の中国有名人ランキングを発表した。バスケットの姚明選手が2億2900万元の収入で前回に続き収入ランキング1位となり、総合ランキングでも5位につけスポーツ界の中でトップだった。姚選手と対称的に、「飛人」とたたえられる陸上の劉翔選手は総合ランキングが前回の9位から53位に下がった。このほかにランク入りしたスポーツ選手には、総合ランキング35位のテニスの李娜選手(収入は3087万元)、同38位のバスケットの易建聯選手(3467万元)、同86位のバドミントンの林丹選手(1018万元)がいる。「広州日報」が伝えた。

 姚選手は8年連続でスポーツ界のトップとなった。昨年1年間の収入は主にプロバスケットボール選手としての収入と各種の広告出演料とからなり、所属するヒューストン・ロケッツからもらう年俸は1700万ドル(約1億1千万元)だった。ここ2年ほど病気や怪我に悩まされた姚選手は、コート外での「集金能力」が大幅にダウンしており、2009年に3億5700万元あった収入は10年は2億2900万元に減った。またロケッツとの高額の年俸での契約期間は今夏に終了し、次に結ばれる契約の年俸は大幅に減額すると予想される。こうしたことから、姚選手が次回のランキングでもスポーツ界トップの座を維持するかどうかに注目が集まっている。

 「飛人」劉選手は前回の9位から53位と大幅に順位を下げた。第16回アジア競技大会の110メートルハードルで3冠を達成したが、広告出演契約が減少したため収入も全体として減少し、露出する機会が減少して露出率も低下した。劉選手の収入は1825万元で収入ランキングは73位。新聞露出率ランキングでは8位、雑誌・テレビ露出率ランキングでは54位、インターネット露出率ランキングでは29位だった。劉選手は35位の李選手にスポーツ界2位の座を奪われただけでなく、男子選手2位の座も第38位の易選出に奪われた。劉選手はこれまで6年連続で総合ランキングのトップ10入りし、アテネ五輪で金メダルを取った翌年の05年のランキングでは3位となり、06年に世界記録を更新した後の07年と08年には姚選手に次ぐ2位だった。

 前回のランキングと比較すると、今回はスポーツ界の順位が全体的に低下した。前回ランク入りした飛び込みの郭晶晶選手、テニスの鄭潔選手、ビリヤードの丁俊暉選手、卓球の張怡寧選手などは、今回は100位以内に入っていない。ほかの分野の有名人に比べて、スポーツ界の有名人の活躍ぶりは五輪が開催されない年にはやや精彩を欠くといえる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年5月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古