2011年5月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:50 May 16 2011

韓国:中国からの訪韓旅行者、2020年には1億人超に

済州島

 海外旅行をする中国人はますます増加を続けており、中国人観光客を誘致しようと多くの国が努力している。韓国サムスン経済研究所はこのほど発表した報告の中で、「2020年には韓国を訪れる中国人観光客が1億人に達するだろう」と指摘。韓国観光部門は今後、中国人向けの美容整形ツアーや、中国人が喜ぶ観光スポットの発掘など、中国人観光客のニーズに合わせたサービスを提供していくべきだとした。環球網が伝えた。

 昨年10月の国慶節休暇期間、韓国・ソウル市中区にあるロッテ百貨店は、まるで店ごと中国から移動してきたのではないかと疑うほど、中国語を話す中国人旅行者であふれかえっていた。韓国を訪れる中国人観光客は2004年以降2桁成長を維持し、2010年には200万人に達した。

 韓国サムスン経済研究所は、最新報告「5千万人の新消費者:中国人観光客」の中で、「2020年には韓国を訪れる中国人観光客が1億人に達する可能性がある」と指摘。「そのうちの5%を誘致したとしても500万人、10%を誘致できれば1000万人の新たな顧客を獲得できる」とした。

 しかし、同報告は一方で、韓国を訪れる中国人観光客の数は増加を続けてはいるものの、中国人が好む韓国の観光地は済州島、明洞、東大門市場などいくつかの場所に限られており、吸引力はそれほど大きくはないとも指摘する。

 しかも、今は世界各国が中国人観光客の誘致に躍起になっている。日本政府は2012年までに300万人の中国人観光客を誘致する目標を掲げ、昨年7月よりビザ発給条件を緩和した。タイでは中国人観光客向けに各観光地の入場料価格を値下げし、マレーシアも中国テレビ局の現地でのドラマロケをサポートしている。このほか、米国やEUなどの西側諸国も、中国観光市場におけるマーケティングを強化している。

 同報告は、「韓国の観光部門は他国と競争するため、中国人向けの特別戦略を打ち出し、差別化を図っていくべき」と建議する。例えば、韓国での美容整形ツアーや、IT技術に基づく観光情報サービスシステムを打ち出すなどだ。

 報告はこのほか、韓国の梨花女子大学は大学名の「梨花」と「利発(金儲け)」の発音が似ているために、観光スポットとして人気を集めていることを指摘。このように中国人にとって面白い観光スポットを発掘することも、中国人誘致のためには重要であると指摘した。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年5月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古