2011年5月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:37 May 17 2011

中国、EU製品に初の反補助金関税適用

 中国商務部が16日に発表した2011年第19号公告で、中国向けEU産ジャガイモでんぷんに対する反補助金調査の初期裁定の結果が発表された。これによると、従価補助金率は仏Roquette社が7.7%、オランダAvebe社とドイツの同社工場が11.19%、その他のEU企業が11.19%と認定された。中国がEU製品に対して反補助金調査を実施したのは初めて。人民日報が伝えた。
  
 今回の調査の対象となったのは馬鈴薯でんぷん、馬鈴薯精製粉。馬鈴薯生でんぷん、土豆でんぷん、洋芋でんぷんなどとも呼ばれ、中国では主に食品加工用に用いられている。2011年5月19日以降、EU産ジャガイモでんぷんを中国に輸入する輸入業者は、今回の裁定で認定された保証金率に基づき、反補助金関税の一時保証金を税関に支払わなければならない。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年5月17日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古