2011年5月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:15 May 19 2011

キヤノン、蘇寧電器と提携で中国市場開拓

 御手洗冨士夫キヤノン会長と小澤秀樹キヤノン中国社長は5月16日、南京を訪問し、蘇寧電器の張近東董事長と会談を行った。その会談で双方は、戦略的提携関係を結ぶことを確認した。

 今回の訪問は御手洗氏にとって、初めての中国パートナー訪問である。蘇寧電器の金明総裁の案内の下、御手洗氏はまず、蘇寧商茂広場にある「Expo超級旗艦店」のイメージビジョンデジタル体験センターを見学した。その後、御手洗氏一行は張近東氏の案内の下、蘇寧徐庄本部の展示ホールを見学した。御手洗氏は、「キヤノンと蘇寧の目標は『百年企業』を作ることだ。蘇寧はチェーン展開の速さ、店舗戦略など素晴らしい業績を残している。安定した成長を続ける蘇寧電気はキヤノンにとって最も信頼できるパートナーだ」と述べた。

 張近東氏は、「蘇寧の『国・企業・従業員の利益共有』という企業理念とキヤノンの『共生』の理念は、言葉こそ違うが、目指すものは同じである。両社とも環境保護、教育、文化継承、人道支援などの方面で社会貢献活動を行っている。これは提携を行う上で非常に重要である」と述べた。

 小澤秀樹氏は、「蘇寧はキヤノンにとって中国最大の販売ルートである。キヤノンは今年、キャノン全商品を揃える店舗を蘇寧電器で30店舗開設し、1店舗あたり2000万元の売上を達成する計画を立てている」と述べた。

 蘇寧電器総裁の金明氏は、「キヤノンは『クロスメディアイメージング』分野の先駆者である。映像機器同士の高度な協働を追求する理念と蘇寧の消費者に『すべての解決方法』を提供するサービス理念は一致している。両社は今後もこの理念を共通の課題として提携を進めていく」と述べた。金明氏は、今回の会談は両社の協力関係を一層推進する重要な会談であり、蘇寧電器は今後、中国におけるキヤノンの販売を全力でサポートしていくと強調した。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年5月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古