2011年5月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:42 May 24 2011

米国過去5年間の「337調査」は20年分以上

 中国機電進出口(電気機械輸出入)商会の王貴清副会長は23日に行われた「米国の知的財産権紛争の解決プランをめぐる高級シンポジウム」に出席した際、米国が過去5年間に中国製品を対象に発動した「337調査」の件数は、それより前の20年間の合計を上回り、とくに電気機械製品が「ねらい打ち」されていると述べた。337調査とは、米国国際貿易委員会(ITC)が1930年に可決した「関税法」第337条に基づき、外国産製品に知的財産権の侵害行為がないかどうかを調べることをいう。「経済参考報」が伝えた。

 王副会長によると、2006年から現在までの間に、中国企業が337調査の対象になるケースが大幅に増加している。関連のデータによると、06-10年には中国企業を対象にした調査は56件発動され、わずか5年間でそれ以前の20年間の合計を上回った。10年の337調査件数は56件で前年比約2倍に増加し、うち中国企業を対象にしたものは18件で全体の32.1%を占め、国別でトップだった。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年5月24日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古