2011年5月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:47 May 25 2011

カネボウ化粧品 中国で「第三の戦場」開拓へ

 日本の化粧品メーカー・株式会社カネボウ化粧品は中国で新たな流通ルートを開拓し、今年9月には現地生産の新ブランド「アクアルナッシュ」と日本から輸入する美白ブランド「ブランシールスペリア」を中国国内の化粧品専門店ルートに導入する予定だ。

 カネボウの中国での流通ルートの第一弾は百貨店、第二弾は高級薬局で、化粧品専門店というルートは、カネボウが今年、力を入れて開拓する「第三の戦場」だといえる。現在、中国の化粧品専門店の代表的なブランドには嬌蘭佳人、千色店、美程などがある。カネボウはまず化粧品専門店700店に進出し、2012年までに1千店に進出することを目指すとしている。

 ある業界関係者によると、ここ数年来、中国経済の急速な発展に伴って、中国の化粧品市場も世界的にもまれな高速ペースで発展を遂げている。これまで化粧品市場の中心は沿海エリアの百貨店だったが、最近の内陸部都市の化粧品ニーズの高まりを受けて、流通ルートが拡大してきた。中でも化粧品専門店は規模が20万店に達し、内陸部における化粧品販売の主要ルートの一つに成長した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年5月25日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古