2011年5月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:16 May 26 2011

明治乳業が中国市場に進出 中国企業は危機感

 明治乳業はこのほど、30億円を投資し、中国の蘇州に牛乳、ヨーグルトなどを製造する工場を建設すると発表した。日本の乳製品メーカーとしては、森永乳業が1994年にハルビンに工場を建設して以来、2社目の中国進出となる。森永が粉ミルクであるのに対し、明治は温度調節が必要な牛乳を生産する。

 中国では、明治乳業により市場が独占されてしまうのではとの懸念が広がっている。

 しかし、ある専門家は、「日本で放射能への懸念が高まっている今、明治の中国進出の狙いは、安全な乳製品を日本に輸出し、日本の消費者のニーズを満たすことだ」との見解を示した。日本の乳製品市場はここ3年ほど低迷が続いているが、今回発生した原発事故によりその状況は更に悪化している。

 中国乳業協会の王丁棉理事長は、明治が中国に工場を建設する最も重要な原因は放射能漏れであると指摘した。現在、明治は粉ミルクの生産をオーストラリアやニュージーランドに移している。

 しかし、牛乳の生産に関しては、以前から中国に工場を建設する計画があったという。王丁棉氏は、「明治乳業は早くから中国の低温牛乳市場に参入しようと計画していた。聞くところによると、明治は昨年すでに、蘇州の工場用地を確保していた。そのほか、市場調査とルート開拓のため、明治は中国法人を設立し、4,5年前から上海などの地域で製品の販売を行っている」と述べた。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古